HOME > 入れ歯

入れ歯

お手入れなどアフターケアも重要です お手入れなどアフターケアも重要です

全部の歯を義歯に変えることとは別に、「擬似歯肉に義歯を装着した部分入れ歯」をご提案することがあります。インプラントなどをおすすめする場合もありますが、ご高齢になってからのアフターケアのリスクを緩和する意味でも、入れ歯の存在は大きいものです。

当院では『ノンクラスプデンチャー』と呼ばれる、部分入れ歯をご提案しています。これは、残った歯に引っ掛ける金属のバネを樹脂に置き換え、目立ちにくくしたものです。

ノンクラスプデンチャーのメリット、デメリット

バネ部が比較的目立ちにくいことがメリットとしてあげられます。しかし、装着する部位によって、かえって目立ってしまう場合があります。ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使用しないので、残っている歯に負担が少なく入れ歯を固定できます。こういった内容は、事前に充分にご説明したのち治療に入ります。

また、バネの調整が効きにくく、審美優先の入れ歯になります。通常の自費の義歯よりも耐用年数が少ない場合や噛み心地が若干劣る場合もございます。
残っている歯が少ないと適応できないことも難点です。

金属床の特徴とメリット、デメリット

通常プラスチックで口の中を覆う部分に金属を使用することによって温度感覚などが粘膜に伝わりやすいので食事の感覚がより自然に近づきます。金属を使用するので厚みが薄くでき異物感が少ないです。しかし、金属なので重く、高価で修理が難しいことがデメリットです。

入れ歯
入れ歯
入れ歯
入れ歯