HOME > 子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

お子さまの予防歯科と治療

「お子さまの歯の健康」は親の責任です。 お子さまの予防歯科と治療

歯が生える前から、お子さまのお口の中の健康管理は始まっています。
あごの発達、唾液の量、指をくわえるなどのクセなど、個性や体質もありますが、歯との長いお付き合いは始まっているのです。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、歯磨きやフッ素塗布などの歯の保護。ほお杖をつくなどのあごに負担をかける行為や、爪を噛むなど歯並びを悪くする行為を防ぐ。抜けない乳歯の除去や、あごの発達状態の把握など、どんどん目が離せない状況になっていきます。

しかし、時間に追われる毎日の中では、完全に把握するのは難しいでしょう。

そこで、定期的なお子さまの『お口の中の見守り』を、当院と一緒にしていきませんか?
定期的に受診すれば、以前と比較が簡単で、変化があればすぐ分かります。歯の生え方のゆがみなども早期に分かれば、装置を付ける矯正を施す前に、マウスピースなどで対応できる場合があります。

お子さまの「正しい歯磨きの習慣づくり」はご家庭で

乳歯が生えるころの歯磨きは、親御さんの出番です。食事と一連の行動に歯磨きを入れて、「ごちそうさま」の後は、箸を歯ブラシに持ちかえるような生活習慣を作ってしまうのも一つの方法です。

また、お子さまご自身が歯磨きをされる場合、力の入れ方が上手くいかず、かえって歯肉を傷つけてしまうことがあります。柔らかい歯ブラシを用意するなど、工夫も必要です。
 
お子さまの「歯の健康」へのご提案も、定期的な来院の中でなら随時可能です。

歯医者嫌いのお子さまにしないために

歯医者嫌いのお子さまにしないために

やはり大人と同じで、怖いお医者さんのナンバーワンは歯科であると感じています。
私共は、極力、「痛くない」、「怖くない」、「衛生面に万全をきした」治療と施術を心がけております。しかし、周囲の大人の反応もお子さまにとっては大きな情報です。周囲の大人が「歯医者さんが嫌い!」といえば、子供たちにもそんなイメージがついてしまいます。どうぞご協力くださいますようお願いいたします。